【国立vs私立】医学部6年間でかかる学費は?


日本の医学部は6年制となっています。

そこでかかる学費に関して紹介します。

sponsored link

学費は私立と国立で全然違う

国立大学

国立は一律、半期で28.2万円。年間の学費は56万程度です。

これは『学部に関係なく』です。

なので、医学部でも工学部でも文学部でも経済学部でも、一律年間56万程度。医学部だと×6年なので、6年間で330万程度の授業料。

あと別に、入学費として30万ぐらいかかるので、360万程度になります。

 

 私立大学

一方私立医学部は、大学により差がありますが、国立医学部よりはずっと高いです。

↓少し古いデータですが、私立の学費ランキングがあるので参考にどうぞ。 

順位 大学名 学費
1 自治医科大学 0円
(卒後の指定勤務義務を拒否する場合、最大2,260万円)
2 産業医科大学 1,130万円
(卒後の指定機関勤務を拒否する場合、最大3,049万円)
3 順天堂大学医学部 2,113万円(特待生1,990万円)
4 慶應義塾大学医学部 2,157万円
5 東京慈恵会医科大学 2,286万円
6 昭和大学医学部 2,309万円(特待生2009万円)
7 東邦大学医学部 2,629万円
8 日本医科大学 2,799万円(上位60名2,523万円)
9 関西医科大学 2,814万円
10 東京医科大学 2,977万円(上位一般35名+セ15名2,477万円)
11 大阪医科大学 3,207万円
12 日本大学医学部 3,337万円
13 東京女子医科大学 3,341万円(上位10名2,611万円)
14 岩手医科大学 3,440万円(地域枠350万)
15 聖マリアンナ医科大学 3,473万円
16 東海大学医学部 3,500万円(2015年度入学者より)←3,754万円
17 近畿大学医学部 3,584万円
18 久留米大学医学部 3,637万円(2015年度入学者より)←3,267万円
19 獨協医科大学 3,730万円
20 帝京大学医学部 3,750万円
21 杏林大学医学部 3,755万円
22 兵庫医科大学 3,760万円
23 福岡大学医学部 3,776万円
24 愛知医科大学 3,800万円(一般上位30名3,300万円、地域枠1,790万円)
25 藤田保健衛生大学 3,873万円
26 埼玉医科大学 3,917万円
27 北里大学医学部 3,952万円(特待第一種~四種)
28 金沢医科大学 4,054万円
29 川崎医科大学 4,716万円(寮費を含む)

引用:私立医学部受験情報

こちら(→医学部受験ドットコム)が2015年版では一番正式な数値かもしれません。

まとめると、安い所で2000万、高いところで4000万越えって感じですね。

 

お金がかかっていない医学部生が半数以上

医学部の存在する大学は、国立43,公立8,私立29。(参照:医学部へのビクトリーロード

医学部はどこの大学も、一学年おおよそ100~120人(参照:文部科学省ホームページ

 

なので

お金がかかるかかる言われる医学部ですが、半数以上がお金かかっていない人たちです。

(公立の学費はほとんど国立と一緒、もともと市内住在の人だと少し学費が安くなるようです。 ) 

「お金かかっていない」っていうのは、勿論比較に過ぎないですが、どの学部でも基本私立の方が学費は高いですから、こういう表現にさせて頂きました。

 

なので

医学部目指している人、もしくはその親御さんは、

”学費”という理由で夢を諦めないでくださいね。

 

ちなみに国立大学だと、親の収入が平均以下(詳しい基準は知りませんが)の学生に対して、授業料免除というものが充実しています。半額~全額免除があるので、実質6年間の授業料0円ということも家庭によっては可能です。このシステムは本当に有り難いです。

また、私立に関しても最近は奨学金制度が充実しているみたいです。奨学金返済という多額の借金を背負う形にはなると思いますが、経済面だけで私立医学部は絶対に行けないってことはないようです。

 

↓授業料免除に関して詳しく書きましたので、是非ご覧ください。

【国立大学】授業料免除の制度で学費を実質無料にすることは可能?

医学部受験に限らずですが、国立大学へ進学した学生で、親の収入が一定以下であれば”授業料免除”の制度が受けられます。 私自身6年間の学生生活、こちらの制度には本当にお世話になりました。※当記事は国立大学向けの内容です。

 

sponsored link

一般向けお勧め記事

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ