先日、3月18日に医師国家試験の結果発表がありました。

午後2時より厚生労働省のホームページ上に合格者の発表があったのですが、見事にアクセスしにくい状況になってましたね(笑)

 

スポンサードリンク

 

とりあえず自分は・・・

 

 

 

 

合格していました。

 

 

以前も書きましたが少し危ない科目もあったので、正直「よかった~」という感じでした。

 

他の友達も緊張するする言ってましたけど、大抵の人はTECOM,MECでの採点サービスの結果が自分より良いので

「何をそんなに緊張してるんだよ、受かってるに決まってんだろ」って思ってましたねw

 

よかったです。

落ちたら落ちたで新たに使える時間を有意義にいろんなことに使えばいいですけど、そりゃ受かって研修医としてスタートできることが医学部生としては一番いいですよね。

 

 

以下、厚生労働省ホームページからの転載です。

第109回医師国家試験の合格発表について 

平成27年2月7日(土)、8日(日)、9日(月)に実施した標記試験の合格者数等は以下のとおりです。

  出願者数 受験者数 合格者数 合格率
新卒者 8,499人 8,250人 7,798人 94.5%
全体 9,356人 9,057人 8,258人 91.2%

○第109回医師国家試験の合格基準は、
一般問題を1問1点、臨床実地問題を1問3点としたとき、

  1. (1)必修問題については、160点以上/200点
    但し、必修問題の一部を採点から除外された受験者にあっては、
    必修問題の得点について総点数の80%以上とする。
  2. (2)必修問題を除いた一般問題及び臨床実地問題については、
    一般問題は、129点以上/200点
    臨床実地問題は、405点以上/600点
  3. (3)禁忌肢問題選択数は、3問以下

とする。

(引用:厚生労働省ホームページ) 


結果として、ボーダーラインは

必修:80%
一般:64.5%
臨床:67.5%

ということになります。ほぼ2chのボーダー予想通りですね。

 

 

 

さて、私は今日はササッとダンボール集めて引っ越しの準備(荷物まとめ)を完遂しないとですね・・・(笑)