2015/2/7~9の3日間の国試を終えて、次の日から卒業旅行にいってきました。
3日目の国試の試験会場は、スーツケースを引っ張って会場入りしている人もそこそこいて、試験終了後からすぐ旅行に出かける人もいるようでしたね。

私は試験終了日は同じ大学の人と飲んで、その日は解散。次の日に皆で旅行に行ってきました。

イタリア→ドイツという順番で観光してきました。隣接する国ですけど、人柄や雰囲気も結構違って面白かったです。

少し写真を交えて紹介しますね。

スポンサードリンク

最初に到着地はイタリアのミラノ

まずは拠点とするホテルに向かいました。

キッチン、冷蔵庫など付いていて、部屋も2階建てといいますかロフトと言いますか、階段あがって寝るスペースがあります。もちろん下にもベッドがあって、一部屋5~6人で泊まれるような感じですね。

共同生活できるホテル2

共同生活できるホテル1

こんな感じの部屋を二部屋とって、数日間ここを拠点に色々巡っていました。いかにも共同生活の場のような雰囲気があって、簡易的テラスハウスみたいなイメージです。

観光に出て、夜戻ってきてお酒飲んだり料理してつまんだり、皆でワーワーやって物凄く面白かったです。(あまり騒いでいると怒られます←)

普通のホテルより断然面白いので、本当におすすめします。

 

 

ミュンヘン駅

こちらはミラノの駅構内。

海外だと主要駅はこういう感じのホームが多いんですかね。タイに行った時もこういう感じの駅、見かけたな~。

 

水の都 ヴェネツィア

天気があいにくの曇りで、そこまで素敵な写真は撮れなかったけれど、素敵な街でした。

ヴェネツィア 風景2

ヴェネツィア 風景

ちょうどカーニバルの時期に合わせていったので、たくさんの観光客がいて、ベネチアンマスクやコスプレしている人が多くいました。私たちも皆屋台にてベネチアンマスクを購入し、付けたり付けなかったりしていましたが、良い思い出です。

 

港町 ジェノバ

ジェノバは個人的に行きたかったんですよね、理由は名前がカッコいいから(笑)

ゲームのFFⅦで出てくるジェノバ(JENOVA)っていう単語がすっかり頭の中に残っていて、観光本読んだ時に「ジェノバがある!」と一人で盛り上がり、行くことに決めました。街の名前のジェノバは”GENOVA”で、FFに出てくるのは”JENOVA”なんで字は違うんですけどね(笑)

そんなことはともかく、実際に行ってみたら個人的にすごい好きな町並みでした。

ジェノバ 風景

ジェノバ 夜景

ザ・港町って感じです。

港から離れて少し陸の方を歩き細い路地に入ると、黒人がとても多かったです。ちょっと夜は歩くの恐いかも?観光スポットも結構あって、港町の良い景色を眺め、美味しいジェノベーゼを食べて楽しめました。

「ヨーロッパ進出を目論みるアフリカ人の最初に足を踏み入れるのはここジェノバ」ということだそうです。(参考:旅と写真といい女

 

リアルに少し傾いているピサの斜塔

ピサの斜塔

みんなの感想「おぉ、なかなか傾いているな!(満場一致)」

登ることも可能ですが、登りませんでした。

 

夜の明かりが素敵なフィレンツェ

フィレンツェの河

フィレンツェはいかにも観光地な雰囲気がありました。

夜は街の明かりがとても良いムードを出していました。移動してばっかりだったので、フィレンツェには数時間しか滞在しなかったですけど、この街でのんびり飲んだりするのも楽しそうだなと思いました。

 

世界遺産だらけのローマ

まずはバチカン市国ですね。こちらはサン・ピエトロ大聖堂からの景色です。

サン・ピエトロ大聖堂頂上からの景色

本っっっ当に人が多く、大聖堂の中に入るまでに3時間ぐらい待ちました。

 

 

闘技場のコロッセオ。こちらも行きたいなと思っていた場所。

コロッセオ外観

コロッセオ 内部

漫画ワンピースの対ドフラミンゴ編のコロシアムの絵は、完全にこれを参考にしたんだろうなと思いました。

そうでしょう、尾田さん?(笑)

 

ローマを最後に、そこからドイツへ行きました。

 

ドイツではウッチーを見る

フェルティンアリーナ FCシャルケ

シャルケvsレアルマドリードの試合見てきました。(チャンピオンズリーグ)

私は小学校の頃からサッカーをしていましたが、ほとんど観戦ということをしたことがなかったんですね。(見るよりもプレイする派)

一度行ったことがあるのが中学生時代にネットの抽選に当たった際に見に行った試合、そして人生二度目のサッカー観戦がチャンピオンズリーグという凄い経験(笑)

国家試験前にみんなでパソコンを前にして、クリック連打してチケット取りました。友人曰くかなり安く入手できたみたいです。

 

ドイツのザ・酒場

ドイツ ミュンヘンの酒場

ドイツと言えば酒場でビール飲みまくっているイメージでしたが、意外にこういういかにもな酒場が少なかったです。2回行ったんですが、どっちも中はすごい混雑していて、ワイワイガヤガヤ、熱気がこもっていました。

 

シンデレラ城のモデル、ノイシュヴァンシュタイン城

場内も見ましたが、なによりも外からの景色が素敵でした。

ノイシュヴァンシュタイン城

写真は(一応)立ち入り禁止になっているところを進んでいくとある、橋から撮ったものです。(観光客の多くが柵を越えて行っていたので、私達も行きました)

山の間に架かっている橋が結構高所にあって、そこから見える景色が絶景でした。この旅一番の景色でしたね。

 

立入禁止になっていた理由は、雪が積もっているから。
禁止エリアにいる間はずっと雪の上を歩いていて(しかも山の中)、実際かなり滑ったりして危険でした。

友人が見事な転びっぷりを見せましたね、私も一度転びましたが(笑)

 

 

こんな感じでした。

前半のイタリアで沢山移動して観光したり毎日のように飲んだりしたため、後半のドイツはやや疲れ気味で、観光もあっさりしました(笑)

まぁ、ドイツはケルン・ミュンヘン・フランクフルトなど巡りましたが、ただの都市で観光地という感じじゃなかったっていうのもありますけど。

 

冒頭に述べた違いですけど

イタリア人は陽気な人が多い。

観光地が多く、観光客も多いためか、そのような人を狙ったスリや詐欺も多いみたいです。だからこそ絡まれることが多いのかもしれませんが、イタリアではそういう人とはあまり接しない方がいいかもしれません。無視です。物売りとかも多いですしね。絡むにしても、バッグやポケットには注意ですね。

あと、美男美女も多かったです。

 

 ドイツ人は真面目な人が多い。

イタリアとは打って変わって、ほとんど絡んできません。観光客に全然興味がない感じです(笑)

ドイツ人は、鼻が高く、白い髭はやして、禿げて太っている、というイメージが付きました。

 

 

 

 

働き始めて多忙となる前に、一度行っておきたかったヨーロッパにいけて、よかったです。

まぁヨーロッパ行ったと言っても今回行った国はほんの一部にすぎないので、もう何回か行きたいですけどね。

あと南米も行きたいんですけね。

 

 

 

 

 

いつ行けるんだろうなぁ・・・?w