©SLAM DUNK

初期研修2年間を終える前に提出しなければならないレポート、EPOCレポート。

スポンサードリンク

 

EPOCレポートとは

医師国家試験合格後、初期研修医として働く2年の内に、厚労省が定める症例に関して提出しなければならないレポート。

 

なんとびっくり、計32症例について書かなければいけません。
基本1症例辺りA4 2枚分になるので、A4 64枚分、なかなかの量を書くことになります。。
書くにあたっては、決められた症例(発熱、胸痛、嘔吐など)に関して、自分が経験した症例をもとにレポートを書かなくてはいけない。

つまり32症例分だからって、32÷24ヶ月で月1~2症例分レポート書けばいいや!とはできない。自分がその症例を経験していなかったらまだ書けないのだから。それに初期研修始めた当初なんて、サマリーの書き方もあまり分かったもんじゃない。

よって早くても書き始めるのって1年目の夏頃からになるのかな?
夏頃から書き始めて着々と症例を集めながら2年目の12月頃にはすべて終わっているのは優秀研修医。
症例だけ割り当てといて、手を付けなかった自分は出遅れ研修医。

まぁ症例に関してはとても一般的な内容だから、研修医2年終えるまでにだいたいは経験するから全く書けないってことはまずありません。
が、レポートに手を付けるのが遅いと私みたいになります←

でも症例さえ集めれば比較的レポート自体は早く終わります。
入院から退院までの経過のサマリーをしっかり病院・科として書いていれば、過去に書いたそのサマリーを張り付け、文量を適宜調節し、あとはそれについての考察を何行か書けばいいだけなので。サマリーとか書いてない病院だったら本当にまとめるの怠いと思うので早めにやった方がいいですね。

あとこうして過去のサマリーを見ていて思うこととして、いかに自分のサマリーが下手な書き方だったか、誤字脱字が多いかとか、日付が○○年△△月××日って書いたり、○○/△△/××って書いたりがごっちゃになっていたりだとか、いろいろ残念な気持ちになります。

他の人が書いたサマリーを見て「全然わかんね」「サマリーぐらい書けよ(まったく書かない人もいる)」と思うことがたまにありますが、自分にも同じことを言えるって話ですね。

 

EPOCレポートに関して、研修終えた若手医師でも人によっては、「そんなものなかったよ?」という人がたまにいる。

え?いや、そんなものなかったって、これ、厚労省からのお達しで出さなくてはならないやつだから、そんなハズはないと思うんだが。
ってことをたまに同期と喋ったら、「そういうところは病院側でまとめて書いてくれているんだって」と。本当かどうかは知らないけど。

ナニソレ超羨ましい!って思ったけど、実際それバレたらアウトだよね。
そういう病院があったら、是非バレないようにしてやってください。(告発しなければバレないと思うけど)

 

 

という訳で、EPOCレポートつらたん報告でした。