薬説(ヤクセツ)・・・薬品説明会の略、、、だと思います。

MR(薬剤師の営業)が薬品を売り込むために行う説明会です。

スポンサードリンク

MRとは

薬剤師もいろんな業種に分かれています。病院で働くパターン、薬局で働くパターン、製薬会社で働くパターンの3パターンに大きく分類されます。そのうちの製薬会社で働くタイプには、営業、研究、治験などの仕事があります。

MR(Medical Representatives)は、医薬品メーカーの「医薬情報担当者」のことで、病院などの医師に医薬品を紹介して販売する医薬品メーカーの営業部門に属する人のこと。(引用:http://www.mag2.com/p/news/122934

医薬品に関するスペシャリストです。薬の効能など細かいことに関して一番性格な答えを持っているのは、薬剤師です。医師はその薬剤を使用する上で、経験的にどういう感じに効くのかを把握します。もちろん大まかな作用機序などは把握していますけど。

 

スポンサードリンク

薬説とは

営業で自社の薬を売り込む人を、MRといい、売り込む際は病院(もしくは科)にアポイントを取って、薬のプレゼンします。(=薬説)

その際に、聞いている人に対してお弁当を提供する風習があります。だいたい、【弁当+飲み物+自社名or自社薬剤名の入った3色ボールペン+A4メモ用紙や付箋】などが、説明会に参加した人一人に対し渡されます。

そこで提供される弁当が、だいたい一つ当たり数千円する訳です。

 

薬説の弁当の平均価格は2000円くらい?

MRの弁当事情に詳しい訳ではありませんが、提供された弁当を検索すると意外とネットに載っていたりします。「MR 弁当」で検索すると、MR用の弁当販売店が出てくるくらいです。過去に食べた弁当を検索したところ、凡その値段は1500~2000円程度のことが多かったです。(安いものでも1000円以上でした。)

高いだけあって、だいたい美味しいです。

お弁当の種類はいろいろあって、天ぷら・海鮮・寿司・焼き肉・ハンバーグ・冷しゃぶ・うなぎなどなど。購入する先は、ネットでのMR用お弁当店、その土地の美味しいお店、有名高級チェーン店などだと思います。

この風習は基本的に、医者が医学生の頃から経験することになります。医学生は病院での実習があり、その際薬説があると上級医から来るように言われます。

なので、「薬説=美味しいお弁当が食べられる」という感覚が頭に刷り込まれます。我ら医師にとって、薬説とお弁当は切り離せない存在です。

 

お弁当にかかるコスト

提供されたお弁当は美味しいですし折角だから頂きますけど

これら営業にかかるコストが最終的にどこに繋がるか、ということを考えると、「果たしてこの風習はどうなのか」という考えも多少起こります。

この点に関しては別記事で書こうと思います。

 

スポンサードリンク

まとめ

  • 経験上、薬説のお弁当少なくとも1000円以上(平均1500-2000円程度)
  • 薬説のお弁当、おいしい♡
  • 果たしてその費用は如何なのか

この風習が変わらないのであれば、我々がすべきは感謝して弁当を美味しく頂き、薬の説明をしっかり聞いた上で意見交換することだと思います。