この記事は一般の人向けに、インターネットでまともな医療情報を得る為の一つの方法を書いています。

スポンサードリンク

 

はじめに

非専門的な人が書く医療情報サイトが多いこと自体は構わないのですが、その情報が薄っぺらい内容のものが多いので今回この記事を書かせて頂きました。

少し前に、某会社の医療健康情報サイトがあまりにも酷い内容の記事ばかり上げていると話題になり、炎上し、すべての記事を非公開にする、といったニュースがありました。ネット社会の現在、インターネットコンテンツを充実させることは、成功すればかなりのビジネスになりますが、一方稼ぐことだけを目的に行動すれば、ある程度は成果が得られてしまう環境でもあります。

こういう中だからこそ、しっかりとしたサイトが大きく目立ってほしいと思うとともに、情報の受け手としても情報を選択することはとても大事であり、今回医療情報に関して、正しい・まともな情報に辿り着きやすい方法を書くことにしました。

ただし、ここで言っている薄い内容のサイトというのは、医師から見て不十分な内容のサイトのことであり、一般の人にとってはそれで十分と感じるかもしれません。また、ここで勧めるまともな情報サイトというのは、医師が見て納得できるようなサイトであり、そういうサイトは文量が多いことが多く、専門用語なども出てくるので、一般の人からすると逆にわかりにくいかもしれません。ですので、一般サイトで物足りないと感じた方が試してみて頂ければなと思います。

 

 

スポンサードリンク

まともな医療情報を得る方法

結論から言うと、「まともなバックのサイトを見ること」が大事です。

医師の医学情報のルーツって、医学書、医学誌、論文、インターネットだと思います。この中で、一般の人の医学情報のルーツは基本的にインターネットしかないと思います。なので、誤った医学知識を付けないためにも、調べる際はまともなバックのサイトを見るようにして欲しいと思います。

 

まともなバックのあるサイト

医師が知りたいような情報を十二分に載せているサイトは、まともなバックのあるサイト、医療関係者・関係会社などのサイトです。

まともなバックのあるサイトというのは、厚生労働省や難病情報センター、学会、病院、クリニックのホームページだったり、診療ガイドライン、治療ガイドライン、論文など、そういう意味です。一般向けの医療系まとめサイト的なところではない、ということです。

そういうサイトの情報は文量が多いことが多いですが、信頼できます。そこまで詳しい情報は一般の人には必要ないかもしれませんが、一般の人向けに分かりやすく書いているページもあり、何よりもまともな情報源なので安心できます。(厚生労働省、難病情報センター、病院、クリニックの内容は基本一般の方向けです。)

 

中でも病気・医療系情報で最もまとまっているサイトと個人的に思うのは、メルクマニュアルです。

こちらはMSD株式会社が無償で情報提供しているサイトで、米国のものを日本語に翻訳しているサイトです。医療者向けの内容と、家庭用に分かりやすく書いている2種類あります。当サイトのブックマークにも登録しているので、ご覧になってください。

 

 

まともな医療情報の探し方

あるワードを入れて検索する

<一般サイトが用いないワードを使うことで検索結果を絞る>

検索の際に入れるべきワード:診断、鑑別、ガイドライン、アルゴリズム、フローチャートなど

例)病気に対する治療を知りたいのなら、 病名 + ガイドライン (×治療)

   症状がどのような原因か知りたいなら、 症状 + 鑑別 (×原因)

「治療」、「原因」などというワードは、誰もが使います。なので、どんなサイトも検索結果に出てきます。一方、「鑑別」「ガイドライン」などというワードは、一般の人はまず使わないと思います。<症状+原因>の検索結果と<症状+鑑別/鑑別疾患>の結果とではかなり違ってくると思います。

試しに<腹痛+原因>で調べた結果と、<腹痛+鑑別>で調べた結果を見てみました。

 

<腹痛+原因>

reference1

⇒TOP10ページの内、9ページは一般の人が一般の人向けに書いているようなサイトです。内、一つはしっかりとしてそうな医療総合サイト、という感じでした。

 

<腹痛+鑑別>

reference2

⇒TOP10ページの内、<腹痛+原因>で調べた際に出てきたようなサイトは一つもありませんでした。医師のブログや腹痛に対するガイドライン、医学誌の内容など、PDFファイルのものがいくつかありました。いずれも医療者向けの内容です。

 

タイトルからサイトの傾向を把握する

<いかにもSEOを意識したタイトルのサイトを見ない>

上位表示されている非専門的な一般サイトが多いのは、SEO対策をしっかりしているからです。そういうサイトはタイトルの付け方から、記事の構成まで、検索エンジンで上位表示されやすいように、頑張っています。

上の二つの検索結果からも、タイトルの感じが全然違うと思います。専門性の低そうなページのタイトルは凝っています。SEO対策としていろんなワードを散りばめ、”3つの方法”など数字を使ったり”!?”などの記号を用いて興味を引きます。逆に、専門性の高そうなページのタイトルはシンプルです。だから上位表示されにくいんでしょうけど。

「腹痛には〇つの種類・原因がある!△△は危険信号のサイン!?」などというタイトルのページを私は見ません。ただし、目に付きやすいのでそういうタイトルの記事は書くと思います(笑)。

 

学会・病院・クリニックのページを探す

<記事タイトルの後のサイト名に注目>

タイトルが短ければ記事タイトルの後ろにサイト名が表示されます。そこに○○病院、○○学会、○○クリニックなどと医療関係者を示すサイト名が載っていれば、良い情報が載っている可能性が高くなります。

学会はまず間違いない情報を書いているで、信用して大丈夫です。千~万単位で専門の医師が所属している学会のHPで、適当なことはまず書けないと思いますので。
病院でもほぼ大丈夫ですが、病院によっては誇大掲載しているようなところもあるので、学会よりは信用度は落ちると思います。
クリニックでもだいたいは問題ないと思いますが、少数医師による知識情報であるため、偏っている可能性や古い内容の可能性があります。逆に、医療界で一般的ではないけどその人だけが知っているような有用な情報もあると思います。

 

スポンサードリンク

結論

  • インターネット社会の現在、医療関係者から非関係者まで、いろんな人が病気・健康関連記事を書いている
  • 専門性の高い情報は文量が多くやや難しいが信用できることが多い
  • 一般のサイトは見やすく分かりやすいが内容が薄かったり信憑性がないこともある
  • 検索の仕方、ページタイトル、サイト名に注目して情報選択を

医療情報に限らず、いろんな情報がインターネットで手に入る時代です。検索の仕方というのはとても大事ですので是非試してみてください。