薬剤を検索するとき、薬剤名のみだと一般向けのサイトや、各製薬会社のページ、情報量の非常に乏しくて偏ったキュレーションサイトなどが表示されます。

医療者向けの一番情報量が多いページは、インタビューフォームです。

作用機序・薬剤の構造・用法・用量・副作用など薬に関して詳しく知りたいときは「薬剤名+インタビューフォーム」で検索しましょう。

スポンサードリンク

添付文書

「薬剤名+添付文書」とweb検索すると、その薬剤に関する製薬会社からの添付文書が表示されます。

これでも十分な情報量が書かれていますが、添付する文書なので、ある程度の情報は省略されています。

薬剤に関して製薬会社からのあらゆる情報を知りたいときは、インタビューフォームがオススメです。

インタビューフォーム

「医薬品インタビューフォームまたはインタビューフォーム(略称IF)とは、処方箋医薬品の添付文書では不十分な情報を補うために企業から提供される総合的な情報提供書である。」(wikipediaより)

つまり情報量としては、添付文書<インタビューフォームとなります。

実際高血圧の薬のアムロジピン(®アムロジン)をそれぞれで調べてみたら、添付文書だと6ページ(→アムロジン 添付文書)、インタビューフォームだと52ページ(→アムロジン インタビューフォーム)の情報量の差があります。

薬一つ調べるのに52ページ分も読むかと言われると、毎回そんなには読んでられないですが(笑)、より詳しく情報を調べたいときはインタビューフォームがよいですね。

情報を簡便に知りたいときは

”おくすり110番”のページがオススメです。(→アムロジピン おくすり110番:薬事典版

薬剤名のみで検索すると、たいてい上位表示されるサイトです。

ページ上部にジェネリック薬名、薬の作用の仕方のタイプ(作用機序)も記載されており、どんな薬かパッと知りたいときには便利です。一般の方にも読みやすいページです。

製薬会社も知らない情報は

論文に載っていたり、医師の経験知識にあります。

実際に患者に処方して、患者の変化を見て、経験的に知り得る情報は医師が持っています。

ただしそれだと不確定な経験知識でしかなく、そういう情報を統計して、論文に出している人もいます。

論文に通っていればある程度科学的で参考にできる内容です。(実際の内容はしっかり読んで下さいね)

まとめ

  • 一番詳しい情報は”インタビューフォーム”
  • ただし”添付文書”でも十分な情報は載っている
  • ささっと知りたいときは”おくすり110番”
  • それ以外の情報は医師に聞くか論文で検索を