QOLって言葉、ご存知ですか

Quolity of Lifeの略で、「生活の質」だかと訳しますね。 

スポンサードリンク

 

QOL・・・生活の質とはどういう意味か

そのまんまの意味ですね。

生活の質です。

 

QOLが高い状態と言うのは、今の生活に満足している状態

逆にQOLが低いというのは、生活があまりヨロシクない状態

 

 

患者にあてはめると・・・

QOLが良い

痛みなどの苦痛がない

っていうのが簡単な説明になりますね

 

医療従事者は、患者のQOLを高めることが大事です。

医者は病気を治療することで、患者の症状を減らし苦痛をなくす=QOLを上げる

ナースは患者の面倒を隅々まで見てあげて、過ごしやすい環境を整える=QOLを上げる

リハビリの療法士は、患者のリハビリを手助けして、患者の機能を取り戻す=QOLを上げる

って感じです。

 

QOL(生活の質)と一言に言っても、人それぞれ基準は異なります。

患者としては、基本的には病気を直すために病院に来ているので、

原疾患を治療する、症状を減らす、苦痛をなくす、ケアを施して過ごしやすい環境を作る、などと言ったことがQOLの向上に繋がります。

 

一般の人だったら

仕事をガッツリやりたい人だとしたら、いろいろ仕事を与えられガツガツ仕事できている状態がQOLが高いってことになりますし

自分の時間を大事にしたい人だったら、定時で帰れるような職場だったりするとQOLが高いってことになりますよね。

 

みんなそれぞれ、希望する境遇は違うわけなので、それぞれのQOLがあるという訳です。

 

 

医者のQOL

自分の時間があるかどうかという点では、医者は基本忙しいですし、自由な時間を多く取れるっていう点ではQOLは低いです。

ただ仕事大好き長時間拘束されるの最高~~~!!って人からしたらQOLは高いってことになりますけどねw

 

 

私が望む生活

私自身は自分の時間を大切と考えているので(というか基本働きたくないという考え)

医者という仕事をしている時点で、若干QOLは低いです。(何故医者になったんだって言う)

 

まぁ医者と言っても、科ごとに特徴はかなり変わっていて、

基本忙しい科が多いですが、17時には帰れるような科もありますし、まぁいろいろあります。

 

という訳で、私は眼科医を目指しています。

 

眼科医は基本、オペ時間も短いし、救急で来るような人も少ない科なので、自分の時間はしっかり取れる方なんですよね。

しかもコンタクトレンズなどを出したら、眼科の利用者は若い人から~年配の人まで、ものすっっっごい多いわけで、まぁ仕事には困らない(地域にも依るが)

 

 

なので

 

今のところ眼科医を目指しています!!!

・・・もちろんそれだけが理由じゃないけどねw

 

でもやっぱり自分の時間は大事だなって私は思います。