1週間近く前からセールになっていたので速報でもなんでもないのだけど、まだ知らなかった人がいたら是非と思い。

96%オフの大特価セールになっています。医大生や医者、医療関係者にはとてもお勧めです。

※解剖アプリの説明になるので、見慣れない人には一部画像がグロテスクですので注意

スポンサードリンク

Human Anatomy Atlas 2018 edition

ヒューマンアナトミーアトラス2018エディション

ヒューマン・アナトミー・アトラス2018エディション
カテゴリ: メディカル, 教育
iPhone/iPadの両方に対応
¥120 ※価格は記事掲載時のものです。

 

こちらのアプリです。

なんと、120円で売っています。

元値がいくらか知らなかったので調べたのですが、96% OFFのようです。

元値は3000円。いやまぁこれでも十分安いけど。必要性があれば十分買う値段だけど、なくても別に困らないのでスルーしていました。

ただ、120円の期間限定セールってことなので、とりあえず買いで←

 

ということで即買いしました。

 

アプリの評価

★★★★★(5点満点)

※医療従事者による偏った評価である可能性あり

 

まず、かなりの容量を必要とする点と、解剖を見るという点から大画面が良いのでiPadでの使用をお勧めします。

内容としては全身の解剖を細かく網羅しており、領域ごと・系ごとなどに分けられているので目的の解剖を探すのも楽です。

 

3D解剖図の操作方法

まず、全部3Dです。

構造物は平行移動、点回転、拡大縮小できるのでどの方向からでも見ることができます。

構造物をタッチするとそれが青色に点灯し、構造の名称が日本語と英語(ラテン語)で表示されます。

非表示にすることでより内部の構造までアプローチできます。

かなり拡大しても構造物はしっかりと映り、クオリティはかなり高いです。

え、そんな細かい構造物まで名称表示するの?って驚きました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

内容されている3D解剖図一覧

領域ごとの解剖として

  • 頭頚部
  • 胸部
  • 腹部
  • 骨盤
  • 頸椎・胸椎・腰椎
  • 腋窩
  • 肘窩
  • 股関節

 

系ごとの解剖として

  • 骨格系
  • 循環器系
  • 神経系
  • 呼吸器系
  • 筋系
  • 消化器系
  • 泌尿器系
  • リンパ系
  • 内分泌系
  • 生殖器系

 

断面図として

  • 頭部(水平断、冠状断、矢状断)
  • 胸部(水平)
  • 腹部(水平)
  • 骨盤部(水平)

 

微少解剖として

  • 骨の断面、層
  • 血管構造
  • 皮膚構造
  • 肺胞
  • 腎小体

 

筋肉の動きとして

  • 主な関節可動に関する筋と、その作用に伴う関節の動きの動画

 

などがあります。上記解剖図の他に、自分で気に入った解剖図画面を保存でき、次回からその状態から再度解剖を見ることができます。

私は眼科医なので、眼の解剖を周りの血管組織などごちゃごちゃしたものを非表示にした、以下の状態を保存してみました。(クリックで拡大)

 

 

患者への手術説明などで使えるかも?と思ってここ1週間、まだ使っていないです←

 

 

他、3D解剖図を使った暗記のためのクイズ形式のものがあったり、鍵付き有料コンテンツとして様々な部位の説明つき動画があります。(呼吸様式、心疾患、etc…)

言語も日本語から英語、ドイツ語、フランス語、中国語などなど対応しています。

 

 

まとめ

とにかく安い!!!

質も十分に良い!!!

 

医師・医大生でiPad持っている人は即買いで良いと思います。

説明付きの動画は鍵付きがほとんどなので、一般の人には何がなんだかって感じだけど、解剖図を見てみたいって人には悪くはないかも。

 

とにかく期間限定セールなので、即買いをオススメ致します。