γ(ガンマ)計算の超簡単なやり方とテクニック


医者は皆当たり前のようにできるγ計算について、研修医の視点で理解した点、すごいわかりやすかった説明を交えて書いていこうと思います。

要点だけ見たい方は最後の方までスクロールするといいと思います。

sponsored link

γ(ガンマ)とは

薬剤の投与スピードの単位です。薬の添付文書などには、「この薬剤は0.2~0.5γで調節するように」などと書かれているので、γがわからないと薬の投与スピードの設定ができません。

 

γ(ガンマ)の単位と計算

γ = μg / kg / min

であり1γは、「体重1kgあたり1分間に1μgの薬剤が入る投与スピード」ということになります。

これは覚えないとどうしようもないので、要暗記で。定義ですからね。

体重あたりの投与速度が、1 [γ]= 1 [μg/kg/min]でなので、体重50kgの人の場合, 1 [γ]=50 [μg/min]となります。

 

γの単位変換

しかしここでまずつまずく点があるんですが、

シリンジポンプの点滴スピードは, 単位が[ml/h]であり、γの単位と異なっているんですね。

なので、シリンジポンプの単位表記に合わせないと、この投与スピードの単位γも全く役に立たないので、単位調節をします。

1 [γ] = 1[μg / kg / min]

         = 0.001 [mg / kg / min]

         = 0.001×体重 [mg / min]

         = 0.001×体重×60 [mg / h]

         = 0.06×体重 [mg / h]

となります。

ただ単に単位調節しただけです。γの意味は上で述べたように「体重1kgあたり1分間に1μgの薬剤が入る投与スピード」であり単位は[μg/kg/min]ですが、計算上1γ=0.06×体重 [mg / h]と簡略化できるよって話です。1時間あたりその薬が○mg入るスピードって意味に変換した訳ですね。

 

つまり、体重50kgの人の1γは、0.06×50 = 3 [mg/h]になるし、70kgの人の1γは4.2 [mg/h]となります。(細かいことはこのページ(http://fujita-accm.jp/library/lecture/gamma)見るとわかりやすいです)

↑この計算はパッとできるようにしましょう

 

シリンジポンプに単位を合わせる

そしてつまづく2点目。

1[γ]=0.06×体重[mg/h]と言いましたが、単位が[mg/h]じゃ困る。

シリンジポンプの投与速度の単位は[ml/h]であるため、そこを合わせないといけないんですよ。

γ計算は、シリンジポンプでの投与速度を設定する上で使うようなもんですから(と私は認識している)、投与する薬剤の濃度を用いて最終的にはγ=○○ml/hの単位ですぐ答えられるようにする必要があります。

ここで投与している薬剤の濃度情報が必要になってきますね。

 

例えば50kgの人に対して、1mg/mlの濃度の薬剤だったら1[γ]=0.06×50/1[ml/h] = 3[ml/h]となりますが、0.1mg/mlの薬剤だったら、1[γ]=0.06×50/0.1 [ml/h] =30[ml/h] となるし、4mg/mlの薬剤だったら、1[γ]=0.06×50/4 [ml/h] =0.75[ml/h]となりますね。

そして、大事なことで、

結局γを使う時って、1γを使うわけじゃなくて、いろんなγで使うんですよ。(0.1γとか3γとか)

 

1γの値を計算した所で、1γの数値をそのまま使うことって少ないんですよね。
なので、1γを求めた後に、結局この薬剤は0.3γで使うから0.3γの値を出さないといけないってなると、さらに計算しなきゃいけないんですよね。(0.3倍すればいいだけだけど)

ただの計算に過ぎないので、慣れてしまえばどのように計算してもいいのですが、1γを求めるために濃度の計算をし、0.3γで使うためにまた計算してっていう二重の計算が面倒なので、私は上の例で出した、濃度を割っていた部分(   ←この網掛け部)を両辺にかけて、

 

濃度 × γ = 0.06×体重

で計算しています。

この方程式にしとくと、単位はml/hであるし、等式の右辺が「同一患者に関しては常に同じ数値」になるので楽です。

この状態で必要な情報は、「使う薬剤の濃度」と「患者の体重」のみで、しかも一度右辺の計算すればよいだけなので一瞬で出せますよね。

この状態から、設定した薬剤の投与スピードを○○γにしたければ、両辺を濃度で割って○○をかければいいだけです。

シリンジポンプの投与スピードが何γに相当するのか計算したければ、両辺を計算した0.06×体重 の値で割ってその投与スピードをかければよいだけです。

 

1γを求めるために計算して、○○γが何ml/hに相当するかの計算 or ○ml/hが何γに相当するかの計算という、2回する計算の最初の部分(1γを求める部分)をとばすことができる訳です。

まとめ

γ=μg/kg/min は、式変形すると

薬剤の濃度×γ=0.06×患者の体重[ml/h] とできる。

この形で理解していると、

  • 1γを求めるための計算を省略できる
  • ○γ=●●[ml/h]の等式を即座に作れる
  • 単位がml/hであるため、シリンジポンプにすぐ反映させることができる

という利点があります。みんな頭の中ではこういう風に計算しているのかわからないけど、使いやすいので紹介しました。

まぁあくまで計算の仕方の一つのやり方に過ぎないので、自分のやりやすいやり方でいいと思いますけどねw

 

 

γ計算が慣れていなかった自分に親切にコツを教えてくれた、某病院麻酔科のI先生に感謝。

 

sponsored link

研修医向けおすすめ記事

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ