誰でも100%罹る病気、白内障。その原因・症状・治療について。


一般向けに白内障の原因・種類・治療(手術)・注意点などに関して記載します。

白内障とは。症状と原因・種類と治療法

白内障とは、加齢に伴い誰にでも生じる、水晶体が濁ることで視力の低下を引き起こす病気です。

人間の眼をカメラと比較することがしばしばありますが、そのような場合、水晶体はカメラのレンズに当たります。近くのものを見るとき、遠くのものを見るとき、それぞれ水晶体の厚みが変化することにより、ピントを合わせて遠くも近くも明瞭に見える訳です。光の通過点のレンズが濁ることで、視界が霞んで見えにくくなり、視力が低下します。

sponsored link

白内障の罹患率

水晶体混濁(白内障)の所見を認める例は、50歳代で37-54%, 60歳代で66-83%, 70歳代で84-97%, 80歳代で100%となる。つまり、歳を重ねれば皆必ずなります。一種の老化現象のようなものです。

 

白内障の症状

  • 視力低下、羞明…etc

光の通過点である水晶体が濁ることで、眼に入る光量が減り、視力低下が起こります。また、水晶体自体が老化に伴い膨化し、屈折性乱視を引き起こすことでも視力低下に繋がります。主に水晶体の老化により調節ができなくなるのが老眼であり、つまり40-50代からは徐々に白内障は進行しています。

”羞明”とは通常ではまぶしく感じない光をまぶしく感じる症状を言います。

尚、基本的には視力低下が主な症状ですが、白内障が進行しすぎると過熟白内障という状態になり、水晶体から液化した物質が外に流れて炎症を引き起こし、眼痛や高眼圧症、緑内障発作などを引き起こすこともあります。

そのような進行し過ぎた白内障は都内には少なく、田舎の高齢の方に多いです。進行しすぎると手術も難しく、術後視力の回復も良好でないことも多いので、白内障と言えど年に1度程度の定期受診をはおすすめです。

白内障の原因

加齢性

白内障の原因のほとんどは加齢によるものです。白内障の種類は後述しますが、加齢性白内障の場合、皮質と核が濁ることが多いです

ステロイド性

ステロイドの長期使用により白内障が進行します。ステロイドによる白内障は後嚢下白内障をきたすことが多く、視力低下が強いです。

外傷性

衝撃が加わることで、水晶体が濁ります。水晶体は非常にデリケートな組織で、日常的に目に鈍的刺激を受けるような方は若くしても白内障になります。

全身性

身体の病気で白内障が進行する例もあります。代表的なのはアトピーや糖尿病などです。

先天性

生まれ持って水晶体が濁っている病態です。水晶体は透明性を維持するため、血管が存在しません。もし血管があったらそれが視界に写ってしまいますよね。
しかし最初は水晶体にも血管があり、成長に伴い血管がなくなり透明になってゆきます。この過程で何らかの異常があった際などに生じる白内障が先天性です。

他、喫煙・紫外線(日光暴露)・BMI高値・抗精神病薬なども発症リスクを上げます。

 

白内障の種類

核白内障

水晶体の核(1番内部)が濁るタイプです。透明な水晶体の核が全体的に、黄色→茶色→と変色し、視力低下します。最重症になるまで視力低下は緩やかです。

皮質白内障

日本人に多いです。核の外側の皮質が濁ります。濁り方は特徴的で、外側のから中心部に向かって放射状に濁っていきます。濁りが中心部に届くと視力低下が強く出現します。

後嚢下白内障

水晶体の1番外側の層(=嚢)が濁ります。混濁部位は嚢の中央であり、初期でも強い視力低下を引き起こします。長期的にステロイドを使用している人に多いです。

 

白内障の治療

◎根治治療は手術のみ

進行を遅らせることができるとされる点眼薬(®カリーユニ点眼液など)はありますが、濁った水晶体を綺麗にする点眼薬はありません。同様に、内服薬でも治療となる薬はありません。
濁った水晶体を吸い取り、眼内に人工レンズを入れる手術が根治治療となります。

尚、その際に注意しておきたいのが、眼鏡が必要でなくなる手術ではないという点です。

最初に書きましたが、正常では水晶体が薄くなったり厚くなったりすることで、ピントを合わせています。白内障手術で入れる人工レンズは一枚のレンズであり、薄くなったり厚くなったりしません。つまり、ピント(焦点)は一点にしか合いません。ピントを遠くへ合わせたならば、近くを見るためには眼鏡が必要になるし、逆にピントを近くに合わせたならば、遠くを見るためには眼鏡が必要となります。

尚、先進医療もしくは自由診療で、”多焦点レンズ”という人工レンズを入れることもあります。このレンズの場合、焦点が2~3つあります。遠くと近くに焦点が合うタイプと、遠くと近くと中間に焦点が合うタイプがあります。詳しくは「多焦点レンズ」でご検索下さい。

 

手術の概略

  • 基本的に局所麻酔で行います

点眼の麻酔のみ、もしくは追加で眼の表面の皮の中に(テノン嚢下麻酔)注射をします。

 

  • 水晶体の皮を一部剥いて中身を吸って、残った袋に人工レンズを入れます

水晶体は丸い果物を考えると分かりやすいです。皮と実と種があると思いますが、そのうちの皮前方だけ向いて、中身を吸い取り、皮だけ残ったところにレンズを入れます。

水晶体の皮は透明なので、濁っている中身を吸うことで光が入るようになります。

 

  • 手術時間は10~30分程度

熟練度にも依りますが、大きな問題がなければ30分以内に終わることが多いです。

簡単な手術の印象が強いかもしれませんが、合併症・失敗の可能性もあります。

 

  • 意識がある状態なので、患者さんの協力が必要です

「こっちを見てください」と言われたときに少しそちらを見るようにしてください。

急に動くととても危険です。何かあるときは体は動かさず、まずは言葉で教えてください。

 

  • 白内障以外に眼の病気がなければ、視力は回復します

白内障が強いと、事前に眼の奥に問題がないか確認できないことがあります。

 

sponsored link

まとめ

  • 白内障は加齢に伴い全員が罹る病気
  • 放置しすぎると視力低下以外の症状(眼痛)も起こり得る
  • 原因・種類は多様だが、原因の大部分は加齢性で、皮質白内障が一番多い
  • 根本治療は手術のみ、点眼は病気の進行を遅らせるのみ
  • 手術は基本は局所麻酔。患者さんの協力が必要です

たかが白内障と言えど、光が完全に遮蔽されるほど濁ってしまえば、失明となります。そうなると眼の奥の検査できず、眼の奥の病気には気付くことができません。

白内障を治しても眼の奥が痛んでいて視力が戻らないなんてこともあります。白内障と言えど進行し過ぎる前に定期的な受診をお勧めします。

スポンサードリンク

ブログランキングに参加中

ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事

コメントを残す

このページの先頭へ