臨床現場にいると必ず出てくる問題の一つに、患者・その家族からの謝礼の受け取りに関することがあります。

大規模な病院では禁止しているところも多いですが、特に規定がないような病院も多々あるかと思います。これらに関して患者目線と職員目線で書いていきます。

スポンサードリンク

謝礼は渡すべきか?(患者目線)

謝礼としては、手術の謝礼、入院中の謝礼、定期的な外来の謝礼などがあると思います。

渡すべきなのか、渡さないといけないのか、それに依る違いはあるのか、というところが気になると思います。

 

謝礼は渡さないといけないものではない。

当たり前ですが、渡さないといけないなんて言うものではありません。

しゃ‐れい【謝礼】

名](スル)感謝の気持ちを表すための言葉や金品。また、その金品を贈ること。「謝礼を届ける」「講師に謝礼する」「謝礼金」(引用:コトバンク

謝礼とは、感謝の気持ちを表すためのものです。感謝の気持ちがあって初めてするものです。

形式上に用意する必要はありません。

 

謝礼に有無により提供する医療に変わりはない

これも当たり前ですが、謝礼の有無に関わらず提供する医療に変わりはありません。質も量も。

例えば手術前に執刀医に謝礼金を渡すことがあるかもしれませんが、その有無・金額によって「明日の手術はパパっとやろう」「明日の手術は最小限の傷口、出血で頑張ろう」ということはあってはならないし、基本的にはないと考えて良いです。

100%そうかと言われると、それは医師個人の人間性によるのでそうとも限らないですが、そうであってはいけないのは事実です。そのことを心配して渡すつもりなのであれば、そもそも病院を変えた方が良いと思います。

なので、何かに期待して渡す謝礼であれば、それは考え方が間違っています。

 

感謝の気持ちがあり、御礼をしたければ用意すればいい

結論、形としてお礼がしたい気持ちが強くあるのであれば、用意すればよいと思います。渡さないといけないものではないし、それによる提供される医療もまず変わりないです。

ただし、受け取って貰えない場合はあります。次の項目で述べる受け取る側の気持ちも考えて、受け取って貰えない可能性があることは承知の上、ご用意して下さい。

謝礼の風習が漂っている病院、それが当たり前と思っている医師が担当であるならば、病院を変えたり担当を変えてもらうべきでしょう。

研究実績だけで有名となった、手術は得意でない教授の名だけ執刀などもありますが、あれほど無意味なものはないと思います。それで安心する患者がいるなら別にいいかとは思いますが、非本質的で不毛なやり取りだと思いますね。

 

スポンサードリンク

謝礼は受け取っていいのか?(医師目線)

病院規則と、個人の判断に委ねられる

謝礼の物、患者との関係性・患者の人間性、病院ルールを考えて慎重に対応する。

病院として「謝礼の受け取り禁止」を規則にしているところもあります。そのような環境で受け取ってそれが周囲に知られるようであれば、罰則を受けることにもなりかねません。

また、気持ち的にもらって後ろめたいかどうかで判断する人も多いです。具体的には金品か否か。

お手紙や菓子折り、お土産などは遠慮なく(?)受け取る人が多いですが、封筒を差し出されると受け取らないって人は多いです。それは、病院規則が存在すれば明らかに違反になることもそうですが、受け取ったからといって提供する医療に変わりはないのに患者からの期待の視線や有事の際の苦情など、患者対応でギクシャクする可能性を秘めているからです。「謝礼金渡したのに手術に失敗された」などと騒がれたら困りますし、謝礼金に対する見返りを求める言動のある患者対応も困ります。そういうリスク回避のために受け取らないという考えです。

逆に、小さなお子さんが「先生にお手紙書いたの」と言われ受け取らない人はいないと思います。そういうことです。

尚受け取るときは、周囲に見られない場所で。周囲の嫉妬からの告発で、予期せぬ問題となるケースもあります。

 

患者の気持ちを無下にするのもどうか

一方、何から何まで「受け取れない」の一点張りで応じるのも、感謝の気持ちだけで謝礼を渡したい患者からしたら悲しいことです。

患者も一度は断られることは承知なので、本当に渡したければ何とか渡そうとしてきます。

そういうときに、有難く受け取る柔軟さも必要かとは思いますね。

 

まずは断る姿勢でいるべき

ほとんどの医師がそうだと思いますが、一言目は断ります。

本当に渡したい患者はこの点はご認識ください。

しかし患者でも形式上謝礼を用意している人もいます。一度断ると、「そうですか」とすぐに諦めて片付ける人がいましたが、おそらく形式上必要なのかと思って持ってきたのだと思いました。

逆に断る姿勢を持たずそういう人から貰ってしまうと、後々がどうなるか怪しく不安ですね。

 

渡すときの物とマナー

それでも何か形にして渡したいということであれば、受け取り安さと今後の関係性も考慮した上で物を選びましょう。

受け取りやすさとしては

手紙など金銭的負担のないもの>>菓子折りなどの物>>>>>金品

となります。勿論患者と医師の関係が良好か否かによって受け取りやすさは変わってきますが。

 

また、物によっては渡す場所・環境を考えましょう。

  • 自分と相手しかいない環境
  • 周りに誰もいない環境、周りに聞こえない環境

などに気を使って、目立たず受け渡しするのがスマートです。

 

まとめ

患者視点

  • 謝礼は渡さないといけないものではない
  • どうしてもお礼がしたければ用意すればよい
  • 謝礼の有無に関わらず、提供される医療に差はないし、手術合併症・失敗の可能性も変わらない

医師視点

  • 必ず一度は断りを入れる
  • それでも渡したいようであれば、謝礼物・病院規則・患者との関係性・人間性を考慮して受け取る
  • お互いの関係を良好に維持できる対応がベスト

アンケート

スポンサードリンク

一般向けお勧め記事