研修医の日常の仕事の中で、ローテート(いろんな科を回ること)による負担は大きい。

どんな負担があるか列挙してみた。

スポンサードリンク

基本的に、内科・外科・救急と選択必修の3科(小児・産婦・麻酔・精神から3つ)と、内科外科をそれぞれ数科回ること、自由選択科を含めれば、10科前後は回ることになる。

この、いろんな科に異動しまくることによる、面倒なことは多い。

一般企業で言えば、2年間の間にいろいろな部署を1-3ヶ月毎に部署異動しなくてはならない、と考えればよい。

 

自己紹介

まずその科に来た最初の日などには、自己紹介をする場があることがほとんど。

小さな研修施設ならあまり必要ないが、大きな病院になるとローテートする度に初めましての人しかいない。

1-3ヶ月毎に、2年間の間に計10回近くは自己紹介をしなくてはならない。

かなり多い。まぁ大した自己紹介はする必要はないけど、それで第一印象が変わってくる。

スポンサードリンク

引き継ぎ

次の科へローテートする時期には、次の科の仕事内容・受け持ち患者のことを把握する必要がある。

併せて、今の科にローテートしてくる次の研修医に、仕事内容・患者のことを教えなくてはならない。

これが結構負担。患者数が多いと、そのことに関する挨拶をするだけでも時間がかかる。

もちろん、普段の仕事にプラスしてこれらをこなさなくてはならない。

新しい科のことに関しては1から学ぶ訳なので、無知という意味でも大変。

病棟ルール

病院としての院内ルールは働く期間が長くなるにつれ覚えていくが、研修医の場合更に病棟ルールを一回一回覚えなくてはならない。

病棟が変われば、ルールが変わる。取り決め事項だとか、物品の場所だとか、そんなことも覚えていかなくてはなならない。

大変。

名前

仕事をする上で、上級医の名前は勿論、その他コメディカルの名前を覚えることも、仕事を潤滑にする上では大切。

「看護師さん」と呼ぶより、「〇〇さん」と名前で呼ぶ方が100倍好感度が良いです。

もちろん患者の名前も覚えなくてはならない。

一体何人の名前を覚えればいいのか。

勧誘

研修後の専門科として、ローテートしている時期に勧誘の声がかかることは多い。

あまり大げさなものは少ないにしても、まぁ何だかんだ勧誘はある。

興味がない科でのそういう会にも誘われるため、うまくやり抜く必要がある。

スポンサードリンク

裏を返せば・・・

研修医ネガティブキャンペーンをしてみましたが、、、

逆に捉えれば、、、、

 

  • いろんなところにいろんな職種の知り合いができる  
  • いろんな科の内容を学ぶことができる(広く浅く)
  • 辛い仕事でもそれは一次的なもの

ということでもある。

 

実際、初期研修から後期研修医(専門研修医)になってからと言うと

関わる人は限られ

知り合いはたいして増えず

狭い環境で日々診療をこなし

真新しいことは少なく

いろんな看護師と飲みに行くなんてことは少なくなる

 

いやもちろんその科の専門的なことをどんどん学べる環境だから、全然いいんだけどね?

人間関係に関しても深くなるしね。

それぞれ、研修医には研修医の大変なこと、楽しいことがあり

専門決まった後は同様に、どっちもあるということです。

 

研修医=広く、浅く

専門医=狭く、深く

 

ですね。

 

専門科の選択など他にも研修医の悩みはいろいろあるけど

ローテートに関する内容をまとめてみました。